Home » デミオ・ディーゼル » 箱根超えも出来るのか!デミオ・ディーゼル

箱根超えも出来るのか!デミオ・ディーゼル

地域高規格幹線道路をグングン走って行き、ついに静岡県と神奈川県の境目でもある、箱根までやって来ました。

ナビちゃんが選んだのは、箱根超えでした。

夜なので全く見えない富士山を横目に、箱根の上りまでグングン走っていきます。

実際に走行したのはこんな感じです。

深夜でもトラックやダンプカーも箱根の上り道をグングン登っていきますが、やっぱり箱根の上りはそんなに甘くありません。

箱根の上り

デミオちゃんも本当勢いよく登ってくれますが、この辺りでデミオ クリーン・ディーゼルにて気がついたことがあるのです。

ゼロからゆる~~く発進する時です。

アクセルをゆっくり踏んでいきます。

高速→地域高規格幹線道路を走っている時から感じていた事として、70km/h前後くらいの速度で走っている時が、一番余裕のある走りをしているのが、今回のディーゼルターボの走りです。

 

スタート時1000回転を下回っている時に、少しずつ踏んでいくと、40kmくらいの所で、すごくトルクの弱くなる当たりがあるのです。
 
 

おまけに箱根の上りの時に、一度だけ、ディーゼル特有のカクカク音がしまして、やっぱりディーゼルなんだ!と実感する次第でもありました。

よくよくマツダのクリーン・ディーゼルのサイトを読んでいると、このカクカクを軽減するために、エンジンに共鳴するものを入れているそうですが、完全になくなっている訳じゃなく、それを軽減させる技術なので、普段は分からないくらいまで抑えられているようです。

そう考えると、すごいな!と実感する上りでもあります。

 
箱根の下り

やっとのおもいで上りから下りに変わり、目の前にトラックが居ましたので、それなりの速度で下っていきます。

デミオのシフトノブ

普段はシフトをさわることが無かったのですが、ここでエンジンブレーキを使いたく、ついにシフトノブをマニュアルモードに切り替えます。

デミオのシフトノブはDレンジから右に移動させるだけです。

ちょうどその時のギアが、メーターに表示されまして、マイナス・プラスでギアを切り替えることが出来ます。

Dレンジの時はCVTなので、全く変速ショックもありませんが、マニュアルレンジだと、切り替わるのがわかります。

ちょっと走りたい!って時は、Mレンジもありかもですね。