Home » シャトル・ハイブリット » シャトル・ハイブリットのエンジンオイル・エレメント交換をしてみました

シャトル・ハイブリットのエンジンオイル・エレメント交換をしてみました

昨年納車しましたシャトル・ハイブリットも無事に1万キロを突破しまして、先日エンジンオイルの交換と合わせて、エレメント交換もして見ました。
 
まだ納車して間もないので、500kmごとに交換していますが、次かはらきっと1万キロごとになりそうです。
 
 
P1250135

走行距離が多いので、自分で交換するため20Lタンクを買っています。
ちゃんとキャップしておけば、変色など抑える事ができるみたいですよ。
 
 
 
エンジンオイルの抜き出し
 
エレメントを抜くと、エンジンオイルが飛び散って、手についたりしますよね。
なるべく減らしておくために、吸引式のチェンジャーで、上抜きします。
 
 
 
オイルチェンジャーで抜きながら、オイルエレメントの交換準備ですね。
 
下側のカバー
 
最近のハイブリッド車は車高を低めにしており、下側にカバーを取り付けてあります。
このカバーをはずさないとエレメント交換が出来ないのです。
 
だから普通のエンジンオイルの時は、上抜きすることが増えているみたいですね。
 
 
 
下側カバーのネジ
 
普通のネジ6本。
ピンで刺さっているだけっぽいネジ2本で留めてありました。

オイルドレン
 
念の為、オイルドレンからも下抜きしておきましょう。
めがねレンチは14mmの物でOKです。
 
 
P1250141P1250140

オイルドレンのパッキンは、毎回新品に交換ですね。
新品がなければ裏返しw

 
P1250143P1250142
 
エレメントは専用の工具やWプライヤーのような物で、回して抜きます。
ここを回すと、少しオイルが漏れますので、腕時計など気をつけてくださいね。
 
 
 
新品のオイルエレメントに交換。
ドレンもしっかり閉めたら、新しいオイルを入れます。
 
 
P1250144P1250146

レベルゲージのメモリを見ながら、レベルゲージ内に収まるようにしてくださいね。
 
 
P1250145P1250148

念の為、車の下側カバーは最後に漏れが無いことを確認してから、締めましょう。
エンジンをかけて、大丈夫かな。

ということで完了です。
 
 


 
このような流れを動画におさめてみましたので、是非ご参考にして頂けましたら幸いです。