Home » リーフ1300km遠出 » 恵那サービスエリア(上)の充電スポット

恵那サービスエリア(上)の充電スポット

名古屋市を出たあとは、とりあえず長野県経由でいわき市に向かうため、中央道に乗ります。


大きな地図で見る

と言いましても、実は名古屋から瑞浪ICまでは下道で頑張って走行しておりました。

一般道を走っていたら、意外なほど快適に走れることや残航続距離が計算上スムーズに減っている事から、瑞浪ICまで下道で山道を走ってしまいました。

 

もし、想定より早く無くなったら、土岐市のコメダ珈琲にある充電スポットを利用する計画でもありました。

 

さすがに瑞浪ICくらいまでいくと夕方になってきたので、当初の時間的想定からそろそろ高速にのります。

残後続距離瑞浪ICから乗ってからが、結構冷や汗ものでした。

何故なら↑のメーターがどんどん減っていくのです。

 

始めは速度が速いから減っていくのも当たり前と思いながらも、明らかに走行している距離よりも、早く残航続距離が減っている。

そうです。

 

中央道は勾配差が激しいのです。

アクセルを踏むものなら、ぐいぐい減っていくのです。

 

 

なんとか冷や汗をかきながら、恵那SAに到着しました。

 

恵那SAの急速充電器まず指定のポイントに駐車します。

充電器を確認し、画面を見たけど真っ暗なのです。

あれ?とそんな時は、液晶画面にワンタッチ触れるだけでOKなのですね。

 

認証 ネクスコ中日本の充電スポットのサイトから、Felicaカードを登録しておきましたので、WAONで認証を開始します。

事前の登録でFelicaカードを登録しておく必要があります。EdyでもQUICPayでもOKですよ。

もちろん充電スポットではお決まりのチャデモカードでも対応ですね。

 

いろいろな方式に対応している為か、WAONカードをかざしてから認証まで10秒くらいは掛りました。

 

 

認証に成功した後は、コネクタをリーフに接続します。

一安心な光景です。

リーフに接続

 

 

 

充電中 接続後は、青色の「START」ボタンをポチッなとするだけで充電を開始です。

ネクスコ中日本に設置されている急速充電器は、殆どこのタイムの急速充電器ですね。

 

名古屋市エンゼルパーク駐車場から恵那SA(上)までの距離:73lm

充電時間:18:10~18:46
バッテリー温度:6のまま変化無し
充電完了後の残後続可能距離:91Km

↑そうなのです。
100km超えなかったのです。ここまで思い切った運転をしすぎてしまいました。

 

さてお次は駒ヶ岳SAまで無事にいけるでしょうか…。