Home » シャトル・ハイブリット » シャトルハイブリッドのエンジンオイル交換をしてみました
シャトルハイブリッドのエンジンオイル

シャトルハイブリッドのエンジンオイル交換をしてみました

最近新車を買わせて頂きましても、昔は慣らし運転が必要だから、1000kmでオイル交換をしなくちゃだめ。とか、いろいろな議論があって、どれが正解でどれが間違いかもわからない状態ですよね。
 
どちらにしましても、新車のうちは、基本的にエンジン回転数がレッドゾーンの半分を超えないようにする。と言う意識を持ちながら、ハイブリッド車なので、3000回転を超えたことも無いって言いますかね。
 
 
 
シャトルハイブリッドのエンジンオイル
 
 
今回は自分の車ですので、自分でいろいろ考えた結果、第一回目のエンジンオイル交換は、5000kmの所で実施してみました。
 
1000kmで!と言う考えも昔ありましたけど、低燃費車のエンジンオイルは、とにかく低粘土でしゃぱしゃぱ。質も高いので、そう早めに変えなくていいのかな?と思いました。
 
 
 
初めて(第一回目)のエンジンオイル交換は、オイルだけなので上抜きをします。

用意したのは
・エンジンオイル
・ジョーゴ
・上抜きようのオイルチェンジャー
・廃油ぽい
です。
 
 
レベルゲージ
 
エンジンオイルを抜く所は、こちらのレベルゲージの所にオイルチェンジャーのホースを差し込んでいきます。
 
 
 
オイルチェンジャーの準備
 
こんな風につなげていきます。
吸引で吸っちゃう所もあるので、結構ホースが硬かったです。
 
 
オイルチェンジャー
 
シャトルハイブリッドのエンジンオイルを抜いていきますよ。
抜いたら、抜いた量を目安にする為に覚えて、ジョーゴに新しいオイルを入れますよ。
 
 
 
 
廃油ポイ

抜いた廃油はこちらで処分ですね。
 
 
 
オイル注入
 
新しいエンジンオイルを注入していきます。
ここで抜いた量より少し少なめで入れて、最後はレベルゲージのメモリを参考に入れていきます。
 
 
 
レベルゲージのオイルの量確認
 
ただしですね。
今回用意したオイルは、ホンダのハイブリッド車用のオイルなので、とにかく色が薄くてしゃばしゃば、レベルゲージが確認しづらかったです。

次回はエレメント交換もあるので、下側のカバーを外す所などをご紹介していきますね。
 
 
 

そんな様子を動画にまとめてみました。
 
基本的に上抜きは皆車種問わず一緒です。是非参考にしてみてくださいね。