Home » シャトル・ハイブリット » シャトル・ハイブリット を5000km乗ってちょっと残念な所

シャトル・ハイブリット を5000km乗ってちょっと残念な所

先日無事に走行距離が5,000kmを突破しました。
納車して、まだ2ヶ月を経過したばかりです。
 
 
ちょっと乗りすぎかな?と思いながらも、どうしても増えちゃうんですよね。
 
ホンダシャトル
 
 
そこで現在シャトル・ハイブリットを乗っている者として、ちょっと残念な所を挙げて見ます。
 
 
 
・カップホルダー問題
 
実は納車されるまで、Fitを代車に借りていたので、てっきりFitのようなカップホルダーかと想像していたらですね。
 
これが結構カップホルダーが少ない事に気が付きました。
 
 
車内空間を広める為?
 
後部座席のカップホルダーはドア側についているだけで、どちらかというとペットボトル用です。
 
前座席はですね。
 
センターコンソールのカップホルダー
 
こちらのセンターコンソールのカップホルダーです。
 
あと、ドア側にもカップホルダーがあります。
 
 
ドア側のカップホルダーは慣れとしても、センターコンソールのカップホルダーが、ちょっと深いのです。
 
コンビニコーヒーを飲むと、こんなふうに奥の方に入っちゃいます。
 
水筒や500lのペットボトルですと、問題無さそうですが、コンビニコーヒーのカップはちょっと慣れが必要です。
 
 
 
あと、お次は。

・ハイブリッド車のEVモード
 
 
パワーゲージ
 
この表示は、エンジンで駆動系・バッテリーを充電しています!って言う意味ですよね。
 
 
エンジンを掛けてですね。
水温計で50~60度を超えないと、EVモードに切り替わらないのです。

 
 
自分仕事上、夜中の2~4時くらいに出発することがあり、今回ハイブリッド車を購入するにあたり、家を出発する時は、EVモードだけで出発・静かに出発したかったのです。
 
それだと近所迷惑にならないじゃないですか。
 
あと、近所だけの買い物ですと、EVモードがあれば良いのに、EVモードだけに切り替え出来ないのですよね。
 
 
これちょっと残念かもです。
 
 
あと、↑の写真でバッテリーだけで走行しています!って時です。
実際OBDIIのメーターにて、エンジンの回転数を見ていると、エンジン回っているのですよね。
 
バッテリーだけで駆動している時は、メーター左下のパネルを見ます。
 
 
EVモードの確認
 
EVモード

こちらのEVモードが点灯している時のみ、EV走行となっています。
 
このEV走行をもっとドライバーが操作出来れば良いのですよね。
 
ちょっと残念な所でもありました。