Home » デミオ・ディーゼル » デミオ・ディーゼルとお別れ!燃費を計算

デミオ・ディーゼルとお別れ!燃費を計算

高山市から一気に高速を使い、岐阜市まで戻ってきました。
高速の下りですし、デミオ クリーン・ディーゼルに関しては、もう申し分無い走りでもあります。

本当力強い走りでもありますが、低速時の低トルクが一定条件が発生するのは、仕方ない事なのかな?と感じる事もありました。

デミオ クリーン・ディーゼル

無事にレンタカー店に到着し、何事も無く、返却手続きも終わりました。

そして、レンタカー店に到着する前に給油した燃費ですが、以下の通りとなりました。

総走行距離 走行距離 給油 燃費
5911  
6899 988 39.19 25.21
7052 153 6.01 25.46
合計 1141 45.2 25.24

走行距離1141km
給油した経由45.2L

燃費25.25km/L

となりました。

カタログ値「26km/L」くらいのようなので、0.8掛けよりも上の数値になったということで、だいたい燃費は良い運転をしたのだと思います。

しかし、ハイブリッド車でもなく、本当ディーゼルエンジンの凄さには、嬉しいものを感じる所があります。

ハイブリッド車の場合、必然的に部品数も多くなり、それなりに長距離乗ることを想定するのであれば、壊れやすいリスクがあります。

 
デミオ・ディーゼルのエンジンルーム

その点ディーゼルは、ターボであることがゆえに、車体価格やオイル交換等が高価になるデメリットもありますが、その辺りは日頃から遠出をする人には、節約出来るポイントもあるのかと思いました。

個人的にはディーゼルがこんなに静かで、普通に走ってくれる。
しかも、燃費も良い!ということで、かなりディーゼルエンジンに対し、興味を持つ体験となりました。

センターコンソールまわり

あと、センターコンソールまわりのマツダ車の作りとして、シフトの後方にマツダコネクトのリモコンが設置されているのです。

さらにその後ろにはドリンクホルダーがあります。

この作り、何かの拍子でこぼしたら、壊れちゃう可能性がありますね。
これが少し気になったマツダの車内の作りでもありました。

今号にて、デミオ クリーン・ディーゼルの日記は終了となります。
また、いつか車が調達出来ましたら、是非新号を掲載したいと思いますので、お楽しみくださいませ。

今後もいろいろ未来の車体験してみたいと思います。