Home » AQUA » アクアで峠を走行して松本市から高山市へ

アクアで峠を走行して松本市から高山市へ

無事深夜の高速を走行し、長野県松本市まで到着しましたので、今度はきれいな紅葉を楽しむ為に、松本市から高山市まで走行してみます。

この区間は幹線道路はありませんが、幹線道路急の峠道となっています。

 

こんな感じですね。

国道158号線はほぼ上り道です。

 

梓湖

途中には奈川渡ダムにあります、梓湖がいい感じの紅葉を演出していました。

アクアも本当ドライブにぴったりな車ですね。

 

 

このまま乗鞍高原の方に進んで見ました。

奈川渡ダム周辺の紅葉

こちらは本当彩りがすごいですね。

 

乗鞍高原からそのまま乗鞍スカイラインはマイカー規制が入っていますので、一旦乗鞍スカイラインへ向かうのはやめ、白骨温泉の方に向かいます。

物凄い上り道を走ったあとは、急激な下り坂です。

アクアのエンジンブレーキ

アクアのエンジンブレーキは何か独特な音がしましてね。

エンジンルームで、何か急に空回りしているような、物凄い高回転しているような音がしてきます。

これはバッテリーを充電するために、下り側のエネルギーを電気に変える時の装置の音ですかね。

これはプリウスにはこんな音しなかったような気がしますけど…。

 

白骨温泉

無事に158号線まで戻ってきました。

 

 

無事に安房峠道路を通行すると、そのまま長い長い下り坂の道です。

途中信号機なども無く、すぐに高山市まで到着ですね。

 

高山市についたら

高山のみたらし団子

みたらし団子

飛騨牛

飛騨牛

 

満喫しちゃいました。

 

ということで、峠の走行。エンジンブレーキが独特な挙動ですが、無事に峠道も走行可能で、余裕の走りです。

次号は高野山へ向かう編となります。