Home » リーフ1300km遠出 » 新東名はリーフに優しい!海老名SA→静岡SA

新東名はリーフに優しい!海老名SA→静岡SA

すっかり日も暮れ、世間は1日が終わろうとしています。

そんな自分は朝方までには帰りたく、家では家族、特に子供達が待っているのです。(もう寝ているけどw)

 

午後9時過ぎ海老名SAを出発し、いよいよ東名から新東名にのります。

大きな地図で見る

今回のルートはこんな感じですね。

海老名SAを超えると、次に向かうのは新東名の駿河湾沼津SAでございます。

比較的東名も勾配差は少ない高速。そして、新東名ももちろん勾配差の少ない高速と言うことで、エアコンは使えるのです。

でも、もう夜9時、すっかり外は冷えてきていましてね。あまりエアコンは必要無いかも

 

20130820_221231 午後10時くらいですかね。無事に駿河湾沼津SAに到着しました。

 

ここからは本当景色が綺麗でしてね。

駿河湾沼津SAからの景色

手持ちの携帯カメラでは上手く写せませんでしたが、うっすら光る街の明かりが、疲れ切った心をいやしてくれる感じでした。

しかも、新東名って午後9時にお店が閉まる所が多いのですよね。

駿河湾沼津SAで食事をしようと思っても、フードコートはすでに片付けの最中。全く何も夕飯を食べられません。

 

充電時間:22:10~22:46
バッテリー温度:9→10
充電完了後の残後続可能距離:122Km
実走行距離:78km

次に行くか…。と言うことで、スタートです。

 

さすがにほぼ30時間近くリーフを走らせて来た為か、バッテリーの温度が下がらないのです。

そんなドキドキ感もありましたけど、とにかく新東名はすばらしい。
充電スポットと充電スポットの間が、60kmくらいなのです。

 

SAの度に停まらないと、かなりドキドキしちゃいますけど、60kmならエアコンも余裕ですし、ようやく制限速度の100km/hも余裕で走れます。

元々リーフはトルクがすばらしいので、新東名でも余裕の走り。

 

そんな興奮走行を楽しみながら、無事に静岡SAに着地です。

静岡SAの充電スポット

静岡SAでも一番手前側の駐車場に充電スポットを発見。
しかも、端っこの闇夜の状態で目立つのです。

 

エラー

ここまでくると充電もすでに、15回目ですよ。

もうクタクタで…。

こんなエラーが連発…。

 

え?壊れたの?と思ったら、ただコネクタの差し込みが甘かっただけでした。
でも、こんな時間で故障されたら、もう動けないし、翌日以降の修理、結構大変です。

 

静岡SAのお蕎麦

時はすでに午後11時過ぎ…。

やっとありつけた夕飯は、こちらのお蕎麦でした。
この時間喉を通るのも、麺類だけだったのです。

充電時間:23:17~23:48
バッテリー温度:10→10
充電完了後の残後続可能距離:108Km
実走行距離:61km

 

すでに時刻は24時を過ぎようとしています。

私は何時になったらお家に着くのでしょうか…。